産後の抜け毛と秋の抜け毛

産後の抜け毛と秋の抜け毛

haruシャンプー髪の悩み

 

抜け毛に悩んでいる人は男性に多いというイメージを持たれがちではありますが、女性にも抜け毛が深刻な問題になっている人は大勢います。
特に30〜40代の女性の中には、産後の抜け毛に心を痛めている人が少なくないでしょう。

 

産後の抜け毛で悩む女性は少なくない

出産後に髪の毛が抜けてしまう現象は、産後の抜け毛と呼ばれています。
出産はホルモンバランスに大きく関係しているので、女性の身体全体、頭皮環境にも影響を与えてしまうものなのです。

 

頭皮環境に影響する主な原因は、妊娠すると髪の毛の成長を促進する働きを持った女性ホルモンの分泌が増えることです。
そういった女性ホルモンの働きによって妊娠中は抜け毛が減っているのですが、出産後にはその分泌量が元に戻るので、分泌量が多かった期間中に抜けなかった毛が一気に抜けるのです。したがって、産後の抜け毛はある程度の期間が経過すると元に戻るため、心配する必要がない場合が少なくありません。

 

しかし、例えば育児によるストレスの増加などの、女性ホルモンとは別の原因によって多くの髪の毛が抜ける場合もあります。
産後ブルー、マタニティーブルー、産後うつ、まではいかずとも出産による大きな変化によってママは何らかのストレスを受けています。

 

産後の生活で気をつけたい事には、夫に子育てを手伝ってもらうなどしてストレスを上手く解消するようにしたり、栄養バランスがきちんと取れた食生活を心がけたり、睡眠時間を出来るだけしっかりと取ったりといったものがあります。日頃の何気ない事の積み重ねはとても大事なので、自分自身へのいたわりを忘れず過ごして下さいね。

 

秋の抜け毛を知っていますか

30〜40代の女性が抜け毛に悩まされる事が多いのは産後だけではありません。
一年に一度必ず訪れる秋で、その季節になると抜け毛が増え、産後の抜け毛と重なってしまった場合などはこのまま薄毛になってしまうのではないかと過度に心配してしまう人もいます。

 

紫外線防止グッツ

 

秋の抜け毛の大きな要因のひとつに、夏に強い紫外線を髪の毛に浴びる事があります。
夏の過ごし方によっては秋の抜け毛を減らすことは不可能ではありません。紫外線はお肌だけでなく、頭皮や髪の毛にもダメージを与えているのです。

 

夏の間に強くなっている紫外線からのダメージを防ぐために、外出時には日傘や帽子を使用して髪の毛に受ける紫外線の量を少しでも減らす工夫をしてみるといいと思います。又、紫外線ダメージケアの出来るシャンプーなどのヘアケア商品を使うのも一策です。

 

秋の抜け毛の要因は、頭皮や髪の毛に紫外線を浴びる事以外にもあります。
夏の暑さそのもので、心身にストレスが溜まる事や睡眠不足になる事などです。涼しくなってきた秋に疲れが出て、抜け毛が増える場合もあるので、夏の間の日常の生活を出来るだけ整えるようにすることも効果的です。