haruシャンプー 成分

haruシャンプーの全成分と効果が知りたい

haruシャンプー全成分

haruシャンプー公式サイトより引用

 

haruシャンプー全成分は、公式サイト、シャンプーボトル裏面で確認する事が出来ます。
それ以外で全成分をチェックされる場合、haruシャンプーは7/10リニューアルで成分が変わっているので、現在の(リニューアル後)成分なのかをまず確認して下さいね。
旧成分で説明しているサイトも結構あるので注意が必要です。

 

haruシャンプー裏面成分表記

 

haruシャンプーの洗浄成分、保湿成分、ボリュームケア成分はトップページで解説したので、ここではその他の重要な成分を解説していきます。分かりやすく3つに分けてみました。

  • 黒髪サポート成分
  • リンス・コンディショナー不要を支えている成分
  • 紫外線ダメージケア&色持ちアップ成分

どれもharuシャンプーの特徴的なポイントですし、紫外線ダメージケア&色持ちアップはリニューアルで新しく加わった項目です。次から成分ごとに解説していきます。

 

 

haruシャンプー重要洗浄・保湿・ボリュームケア成分はTOPで解説中
ページ移動TOPページはこちら

haruシャンプーの黒髪サポート成分

haruシャンプーは見た目マイナス5歳を叶える、日本人本来の黒髪をキープする為の成分を配合しています。マイナス5歳かどうか分かりませんが(笑)、髪の毛に白髪が混ざってくると急に老けて見えるのは凄くよく分かります…。
そんな風に髪の毛の具合で老けて見えるのが嫌で、私含め沢山の方が白髪ケアをしたいと思っているんですよね。

 

haruシャンプー重要haruシャンプー黒髪サポート成分
ヘマチン、オオムギ発酵エキス、豆乳発酵エキス、ワカメエキス、アカモクエキス、海塩

haruシャンプーメラノサイト説明

 

髪の毛の色はメラニン色素の比率によって、金髪になったり、茶色になったり、黒になったりします。
ヘマチンやオオムギ発酵エキスが角質層に浸透して、髪色をコントロールしているメラノサイトの働きを支えています。美しい黒髪に欠かせないミネラルを豊富に含む海塩・海藻エキスもたっぷり配合して、艶やか黒髪をキープ出来るような頭皮環境に導きます。

 

haruシャンプーは染めるシャンプーではなく、根本ケアで黒髪サポートをするのが分かりますね。
また、中には勘違いをしている方もいるようですが、カラーリングした髪にも使えます
haruシャンプーを使う事によって徐々に頭皮環境が整っていくような成分が配合されています。髪の毛が生え変わるタイミングは約6ヶ月と言われているので、気長に取り組む、haruシャンプーなら毎日シャンプーする、そんな気持ちが大事ですね。

 

haruシャンプーのリンス・コンディショナー不要を支えている成分

haruシャンプーリンス・コンディショナー不要理由

 

haruシャンプーの特徴であり、人気の理由のひとつになっているオールインワン、リンス・コンディショナー不要の成分を紹介します。

 

haruシャンプー重要haruシャンプーのリンス・コンディショナー不要を支える成分
天然シルク、真珠エキス、ハイビスカスエキス、セルロース

 

天然のシルクと真珠エキスは髪の内部から水分が流れるのを防いで、ヒアルロン酸に匹敵する保湿効果のある沖縄県産ハイビスカスエキスが髪の毛先までたっぷりと潤します。たっぷり水分を含んだ髪のキューティクルをセルロースが整えてくれるから、ノンシリコンでも指通りなめらかな髪の仕上がりになります。

 

これは実際に使用してみて、私自身も驚きました。本当にリンス・コンディショナー使わなくてもしっとりサラサラな髪になります。
子供と一緒のお風呂タイムは、いつもシャンプー含め自分の事はなるべく早く済ませないといけない状態なので、リンス・コンディショナーなしでOKなのは本当に有難いし、楽に感じました。

 

haruシャンプー重要リンス・コンディショナーに関係しそうな豆知識というか、今更聞けないあるあるを2つご紹介します。

 

haruシャンプー重要シリコンについて知ってますか
シリコンのメリットは、髪の表面をコーティングすることで手触りが良くなる事です。コーティングするのですぐにツルツルの髪になれます。その反面、シリコンのデメリットは頭皮につくと毛穴を塞いてしまう事です。汚れが落としきれないうちにシリコンがついてしまうと…汚れごとコーティングされてしまう可能性もあります。
シリコンが悪いという事ではなく、どの基準で選ぶかでシリコン入り、ノンシリコン、が決まってくるという感じでしょうか。

 

haruシャンプー重要トリートメントとリンスやコンディショナーとの違いってなに
リンスやコンディショナーは髪の表面のキューティクルをコーティングするのが目的です。それに対してトリートメントは髪の内部に栄養を与えるのが目的のものなので、ハードなダメージヘアにはトリートメントは必要になる場合があります。

 

haruシャンプーはリンス・コンディショナー不要と謳っていますが、トリートメント不要とは書いてないんですよね。
パーマ、カラーリング、縮毛矯正などで傷んだ髪の毛にはトリートメントを使った方がやはりいいと思います。私はここ数年は月に一度美容院でカラー(白髪染めです)をしていますが、現在haruシャンプーだけでトリートメントは使わなくても大丈夫な髪の状態でいます。

haruシャンプーの紫外線ダメージケア&色持ちアップ成分

haruシャンプー成分素材マテ茶

マテ茶たまたま愛飲中です

 

haruシャンプーリニューアルで加わったのが、紫外線ダメージケアや色持ちアップです。
お肌と同じで髪の毛や頭皮も紫外線ダメージを受けているので、毎日のシャンプーでケア出来るなら嬉しいですよね。

 

haruシャンプー重要haruシャンプー紫外線ダメージケアや色持ちアップ成分
マテ茶、グアバ果実エキス、スイカズラ花エキス、カボスエキス、アサイ、コーヒー種子エキス、マテ茶葉エキス

 

マテ茶、グアバ果実エキス、スイカズラ花エキスが髪と頭皮の紫外線ダメージをケアしています。さらにカボスエキスやアサイ、コーヒー種子エキス、マテ茶葉エキスの働きでカラーした髪の色持ちもアップします。マテ茶は飲む野菜として知られるミネラル豊富なお茶ですが、最近はマテ茶エキスが色の退色を防ぐ事が分かってきてヘアケア製品にも使われるようになってます。

 

 

haruシャンプー重要公式サイトで全成分チェック

100%天然由来・無添加 オールインワンシャンプー

haruシャンプー成分素材